【完全版】あなたはどう選ぶ?京都のコワーキングスペースおすすめ12選


京都のコワーキングスペースおすすめ12選

このページでは京都にあるオススメのコワーキングスペースを12社、選んでご紹介。料金と所在地及びエリア、ドロップイン(単発利用あり)の可否も併せて掲載しています。専用スペースが確保できるレンタルオフィス併設の施設の場合は、コワーキングスペースプランを掲載しています。併せて通勤と満員電車が嫌いな方へオススメのコワーキングスペースの選び方・利用方法も提案しております。

 

▶京都のコワーキングスペース12選

【インターネットが変えたもの】

近年のインターネットの急速な成長は私たちの働き方そのものを大きく変化させようとしています。ビジネスに活用できるクラウドサービスやSNSなど、私たちが実際にオフィスに滞在して社員同士で場所と時間を共有することなく、自宅やカフェなど、時間や場所に制約されずに働くことができるようになりました。これらは全てインターネットがもたらした恩恵です。これからの未来、次世代通信5Gの登場により、この流れはさらに加速するとみられています。

フリーランスやノマドワーカー、個人事業主などのスモールビジネスで独立した方はもちろん、雇用されているサラリ-マンであってもリモートワーク、在宅勤務の導入により通勤が不要になる時代が近づいてきています。雇用主である企業側からしても在宅勤務にはたくさんのメリットがあるのです。

【カフェで作業するのは意外にしんどい?】

そこで一時話題になったのがスターバックスなどのカフェで作業を行うノマドワーカーです。Macのパソコンをテーブルにおいて、黙々と作業をする方をカフェで見かけたことがあるでしょう。もちろんカフェでの作業も問題ないのですが、通信環境の脆弱さやプライバシーの観点、周囲の喧騒などでワークスペースとして完全とは言えません。また自宅でひとり黙々と仕事をこなすのは高い集中力が必要であり、長く継続していくには困難です。そういった背景もあり近年「コワーキング・スペース」という作業場所を共有する全く新しい仕組みが登場しました。

コワーキングスペースとは?

コワーキングスペースとは?

【英語で言うと?】

まずコワーキングスペースを簡潔に言うと、様々な業種の方と共有する作業場所を表しています。英語では「CO-WORKING」と書きます。「WORKING」はご存知の通り、「仕事・働くこと」を意味します。「CO」の意味は「共同」になります。つなげると「コワーキングスペース=共同で仕事をする場所」ですね

 のちほど説明しますが、仕事で提携したり、相互に仕事の相談したり、利用者同士がコミュニケーションを取り、新しいイノベーションを生み出すことも目的の一つとしています。

【基本的な定義】

 コワーキングスペースの基本的な定義は、いつでも空いている席ならどこでも仕事ができることです。逆に言えば、満員の場合は空いている席がなく、作業ができないこともます。しかし多くの運営会社は座席数と会員数を調整しているため、このような心配はまずないでしょう。

【レンタルオフィスとの違い】

よく混同されがちなレンタルオフィスとの違いを説明します。レンタルオフィスとコワーキングスペース、この両者の概念は非常に曖昧です。しかし多くの場合、レンタルオフィスにはあなた専用のデスク、又は個室が与えられ、そのスペースを他の会員が利用することはありません。その反面、前述したようにコワーキングスペースには専用スペースがなく、オープンな環境でその都度、空いている席をみつけて利用する形態になります。

▶京都のコワーキングスペース12選


*こんな職業・業種の方へオススメ*


「パソコン1台あれば仕事ができる方」「クライアントへ訪問しての仕事が中心の方」こんな方には実際のオフィスは必要ないため、コワーキングスペースの利用が向いています。具体的には下記のような職業ですね。

 

◆ネットショップ運営

◆WEBデザイナー

◆WEBマーケティング

◆WEBライター

◆システムエンジニア

◆SEO対策業

◆PPCなどのネット広告代理店

◆アフリエイター

◆広告デザイナー

◆企画営業

◆イラストレーター

◆Youtuberなどインフルエンサー

◆設計や建築士

◆コンサルタント

◆カウンセラー

◆特定非営利法人など

◆ハウスキーパー

◆引っ越し業

◆出張の整体師

◆出張のネイルサロン

◆テレアポなど営業代行

◆不動産投資法人

▶目次へ戻る


*コワーキングスペースのメリット*

コワーキングスペースのメリット

【実際にオフィスを借りるより格段に安い】

起業するときに実際にオフィスを借りると、かかる費用を考えてみましょう。

 まずはイニシャルコスト(初期費用)です。ざっと思い浮かぶだけでも敷金・礼金・机や椅子などのオフィス用品・電話やネット回線などインフラ設備、これら全てを揃えたら100万円ほどでしょうか?しかしコワーキングスペースなら初期費用は入会金のみ、5000円~20000円程度でしょう。

 次にランニングコスト(月額固定費)を計算してみましょう。実際にオフィスを賃貸すると、小さな規模でも地代家賃5万円~10万円程度です。そこへ電話やインターネットなど通信費、電気代などの水光熱費が発生します。1万円~2万円程度ですね。小さな規模でも合計6万~12万円。しかしコワーキングスペースなら月々の支払は、5000円~20000円程度で済みます。

【環境整備の手間がショートカット】

新しく事務所を契約するにはまず物件探しに苦労します。そのあとの契約もなかなか面倒くさいものです。やっと事務所を見つけても電話やWifiなど通信環境の整備が必要です。コワーキングスペースなら契約もシンプル、もちろんwifiも完備されインフラ環境の整備も不要なのです。

【人脈が広がる】

コワーキングスペースを利用している会員の方々は、あなたと同じような職業・働き方を選んだ方がほとんどです。そしてコワーキングスペースでは会員同士の交流を推進しています。具体的には定期的に開かれる交流会やセミナーの開催ですね。様々な方との交流により、新しいアイデアが生まれたり、共同でプロジェクトを立ち上げたり、ビジネスの可能性が広がります

【孤独感を払拭できる】

フリーランスや個人事業主で独立したら、だんだんと孤独感を持ってしまいがちです。サラリーマンと違って、従業員同士の交流もありません。愚痴をこぼしたり、悩みを相談する仲間がいないのです。淡々と自宅で作業するのは強い精神力が必要です。仮にあなたが従業員を雇用していても、経営者は孤独です。従業員にはなかなか本音は言えないもの。コワーキングスペースなら会員同士で同じ悩みを共有することができて、仕事に対するモチベーションも維持しやすいのです。


*コワーキングスペースのデメリット*

コワーキングスペースのデメリット

次にコワーキングスペースの「よくないところ・デメリット・注意点」ですが、どれもこれも大した問題ではなかったり、当然のことばかりです。わかった上で入会しましょう。

【当然だが自宅よりお金はかかる】

これは当たり前のことです。しかし一か月に5000円~10000円程度。自宅作業と比較するよりも実際にテナントを賃貸することと比較しましょう。

【法人所在地として登記できないことがある】

会社を設立した場合に登記する場所に困るもの。コワーキングスペースによっては登記が不可のこともたくさんあります。会社の本店所在地として登記したい場合は事前に確認しましょう。もし希望するコワーキングスペースが登記不可の場合には、バーチャルオフィスとの併用がオススメです。バーチャルオフィスでは登記が可能なのです。

【名刺やHPに住所記載が不可のこともある】

これも先ほどの登記と同じです。名刺やホームページ、パンフレットに住所を記載したい場合は契約前に確認しましょう。

【せっかく行ったのに満員の場合、席が確保できない】

あなただけの占有スペースがないオープンな仕事場なので、ありうることです。全会員数と座席数を契約前に質問しておきましょう。会員数が座席数の5倍以下なら満員で使えないという事態はほとんどないでしょう。

例)全座席数100席:全会員数500名

【個室ではないので周囲の雑音がある】

この問題はカフェで作業をしているともっとヒドイのではないでしょか?自宅でも子供がいたり同居家族がいると似たような問題はありますね。逆にあなたも大きな声で話したりせずに、電話は外ですることなど、周囲に気を使う必要があります。

【コミュ力がないと輪に入れない】

経営者仲間を作りたくて、コワーキングスペースに入会したのに、すでにグループの輪ができあがっていて、他の会員さんに話しかけづらい。こんなこともあります。こういうときはコワーキングスペースが開催しているビジネス交流会などに積極的に参加して、スタッフに仲介してもらったりしましょう

 

▶京都のコワーキングスペース12選


*基本的な料金システムは2パターン*


利用方法は2パターンあるのがコワーキングスペース。利用頻度によって使い分けましょう。

【月額での支払い制】

毎月一定の定額を支払います。利用回数が多く、使い放題を希望する方は「月額制」を選ぶのがオススメです。こちらの相場は幅広いです。渋谷や六本木で、高いランクの席であれば3万円~6万円の金額もあります。たいていの場合は5000円~2万円程度です。

【ドロップイン】

一日単位や時間単位で料金を支払います。充分な移動や出張の多い方や様々な場所のコワーキングスペースを使いたい方は「ドロップイン」を選びましょう。相場は1日1500円~3000円程度になります


*提供されるサービス内容*


コワーキングスペースのサービス内容

【快適でおしゃれな空間でパソコンを使って作業】

多くのコワーキングスペースの場合、内装もおしゃれです。

カフェなどで接続できるWifiは多人数が同時に接続すると速度が遅くなったりしますが

コワーキングスペースではビジネス利用を前提としているため、高速回線が設置されていることが多いです。

【便利でアクセスのよい場所にある】

都心部の駅の近くで、アクセスが便利な場所に位置しています。ビジネス街にあることも多く打ち合わせなどにも適しています

【会議室や商談・セミナーでの個室利用】

オプションサービスで別料金が必要なこともありますが、完全予約制で個室も利用できます。コワーキングスペースによっては無料の場合もありますが

やはり予約は必要です。会議に必要なホワイトボードやプロジェクター、スクリーンも完備されれいます。

【他の会員さんとの交流・情報交換】

シャイな方でも安心して、交流できるコワーキングスペースもあります。スタッフが積極的に話しかけてビジネス的にマッチしそうな会員同士をつないだりしてくれます


住所を登記したい!名刺やHPに住所を表記したい

会社を登記する住所がないときの解決方法

多くのコワーキングスペースでは住所を本店所在地として登記することを禁止しています。さらに名刺やホームページ、パンフレットなどにも住所の記載は認められていないことがほとんどです。(別料金で住所利用可のこともあります)この場合、オフィスを持たないコワーキングスペースの会員様は困ってしまいます。会社を作っても登記用の住所がない、ホームページなどに事業所の住所も表記できない。かといってプライバシーの問題もあるので自宅の住所を公開したくない。そんなときにオススメなのがバーチャルオフィスです。京都バーチャルオフィスの住所は「京都御所」すぐ近く。月額2000円~から利用できます。もちろん登記や名刺・ホームページに住所を記載することができます。

▶料金プランをチェック


京都にあるバーチャルオフィスの特殊な事情

京都市内に所在地を置くバーチャルオフィスには東京や大阪など他府県にあるバーチャルオフィスにはない大きな特徴があります。これは京都市内特有の独自の風習から来ているものであると言えるでしょう。京都のバーチャルオフィスは、バーチャルオフィスを使っていることがバレにくいのです。その理由とは

▶続きを読む


京都コワーキングスペースおすすめ12選


それぞれのエリアごとにオススメのコワーキングスペースを紹介していきます。四条烏丸3件、河原町3件、京都駅4件、この3つの中心地以外からは2件、紹介させていただきます。紹介している施設には占有デスクがあるレンタルオフィスのようなプランを提供していることもありますが、ここではフリーデスクプランの料金に特化して掲載しています。


*四条烏丸周辺*3件


◇◆oinai karasuma◆◇

京都コワーキングスペースおすすめ 四条烏丸 oinai karasuma
(出典:http://oinai-karasuma.jp/)

【特徴は?】

1級建築士事務所にて運営されているコワーキングスペース。利用プランが細かく分かれているためワークスタイルに合わせて選択できるのが魅力。月額会員は会議室も月18時間まで利用できます。もっとも高額な「はたあげ会員」のみ登記可能。

【こんな人におすすめ!】

ワークスタイルに合わせたい

Cafeのような空間で仲間を作りたい

アクセスの良い場所を探している

【コワーキングスペース概要】

◆施設名◆

oinai karasuma

◆営業時間◆

平日/ 8:30-22:00

土・祝/ 10:00-20:00 

◆定休日◆

日曜日

◆住所◆

京都市中京区手洗水町647 

トキワビル4-B

◆アクセス◆

烏丸御池5 番出口徒歩5分

地下鉄四条・阪急烏丸駅21番出口徒歩5分

◆利用料金◆

・月額会員はそれぞれ利用時間が異なります

 ひねもす月額会員/ ¥10,000

 あさゆう月額会員/ ¥7,000

 はたあげ月額会員/ ¥15,000 

 入会金共通/ ¥5,000 

・ドロップイン入会金/ ¥500

 1時間/ ¥300

 

◇◆FVC Mesh KYOTO◆◇

京都コワーキングスペースおすすめ 四条烏丸 FVC Mesh KYOTO
(出典:https://www.fvcmesh.com/kyoto/)

【特徴は?】

個室(レンタルオフィス)や専用デスクが付与されるプランもありますが、フリーの席を利用するコワーキングスペースプランのみを紹介します。会員のビジネスサポートや投資支援までも行っているので本気で起業したい方にオススメです。ドロップイン利用はありません。

【こんな人におすすめ!】

本気で起業したい

セミナーを受講して勉強したい

起業における助言が欲しい

【コワーキングスペース概要】

◆施設名◆

FVC Mesh KYOTO

◆住所◆

京都市下京区烏丸通仏光寺下ル大政所町680-1

第八長谷ビル2F、3F

◆アクセス◆

地下鉄四条駅6番出口南へ徒歩1分

◆利用料金◆

入会金 / 10,000円

月額 / 15,428円

ドロップインなし

 

▶目次へ戻る

◇◆SPACE KANTE 京都◆◇

京都コワーキングスペースおすすめ 四条烏丸 SPACE KANTE(カンテ)京都
(出典:https://space-kante.com/kyoto/)

【特徴は?】

広々としたスペースの中にはカフェが併設されていて、本格的なコーヒーを飲みながら仕事ができること。ほぼ毎日のように何らかのイベントが行われていて、同じような方との交流から刺激を受けられる。スカイプや電話を使えるフォンブースなど空間が分けられているため、様々な用途にあわせて使えるのもポイント。

【こんな人におすすめ!】

集中して仕事をしたい

人脈のため交流したい

アクセスが便利な場所を探している

リーズナブルに使いたい

【コワーキングスペース概要】

◆施設名◆

SPACE KANTE(カンテ)京都

◆営業時間◆

10時~22時

◆住所◆

京都市中京区 手洗水町670

京都フクトクビル2F Co&Co Kyoto

◆アクセス◆

地下鉄四条駅、阪急烏丸駅徒歩1分。

阪急21番出口北へ50m

◆利用料金◆

入会金/ 20,000円

施設管理費/ 月500円

基本プラン/ 月8,880円

ビジネスプラン/ 月11,500円

・ドロップイン(ビジター)

 1日2000円

 


*河原町通~川端通周辺*3件


◇◆コワーキングスペースVOID!◆◇

京都コワーキングスペースおすすめ 河原町通~川端通 コワーキングスペースVOID!
(出典:http://voidarchitects.net/coworking/)

【特徴は?】

あまり広い空間ではなく、席数も少なめ。マンションの1室のような雰囲気ですが、静かに集中して作業ができるためオススメです。会員同伴であればゲスト1名も打ち合わせ入室することができます。初回見学時は2時間無料で利用できるのも助かりますね。

【こんな人におすすめ!】

リーズナブルに利用したい

アクセスが便利な場所がいい

集中して仕事がしたい

【コワーキングスペース概要】

◆施設名◆

コワーキングスペースVOID!

◆営業時間◆

24時間利用可能

◆住所◆

京都市左京区超勝寺門前町84-1

ライフビル 101

◆アクセス◆

三条京阪駅より徒歩4分

◆利用料金◆

・入会金5,000円

・1か月/7,000円

・ドロップインなし

 

▶目次へ戻る

◇◆andwork kyoto◆◇

京都コワーキングスペースおすすめ 河原町通~川端通 andwork kyoto(アンドワークス)
(出典:http://voidarchitects.net/coworking/)

【特徴は?】

ホテルが併設されているのが大きな特色。ホテルのロビーがコワーキングスペースになった。こんなイメージです。最近はこのような特色のコワーキングスペースを見かけるようになりました。事前に公式サイトで会員登録を済ませると利用可能になります。私書箱やロッカーも利用できるのはうれしいですね。

【こんな人におすすめ!】

24時間利用したい方

土日や祝日も使いたい

高級感のある落ち着いた雰囲気が好き

リラックスしたい

【コワーキングスペース概要】

◆施設名◆

andwork kyoto(アンドワークス)

◆営業時間◆

24時間利用可能

◆定休日◆

なし

◆住所◆

京都市中京区河原町三条下ル山崎町235

◆アクセス◆

阪急河原町駅 徒歩5分

◆利用料金◆

・Unlimited A:月額33,000円/

 24時間365日利用可能&ロッカー、私書籍付。

・Unlimited B:月額25,000円

 24時間365日利用可能

・ビジター(ドロップイン)

 1時間/600円

 1日利用:6時半~翌1時/2,800円

 

▶京都のコワーキングスペース12選

 

◇◆CIGOTO no BA◆◇

京都コワーキングスペースおすすめ 河原町通~川端通 CIGOTO no BA(シゴトノバ)
(出典:https://cigotono-ba.jp/)

【特徴は?】

名前がユニークですね。CIGOTO no BA(仕事の場)。特徴は何と言ってもカフェとコワーキングスペースが融合されているところ。キッチンもシェアできるので料理教室やレストラン開業のトレーニングにも利用できますね。一か月3500円で登記も可能です。

【こんな人におすすめ!】

飲食関係のビジネスを学びたい

個展やワークショップを開きたい

クリエイティブ系の職業

おしゃれな場所で作業したい

【コワーキングスペース概要】

◆施設名◆

CIGOTO no BA(シゴトノバ)

◆営業時間◆

AM9:00〜PM6:00

◆住所◆

京都市中京区寺町通夷川上る藤木町31-2

荒牧ビル

◆アクセス◆

地下鉄京都市役所前駅11番出口徒歩5分

◆利用料金◆

・月会員/25,000円

・ドロップイン1日利用/1,500円

・ドロップイン1H利用/500円

・イベントスペース1日/2000円

 

▶目次へ戻る


*京都駅周辺*4件


◇◆ワコールスタディホール京都◆◇

京都コワーキングスペースおすすめ 京都駅 ワコールスタディホール京都
(出典:https://www.wacoal.jp/studyhall/)

【特徴は?】

京都駅南側。京都有数の大企業、ワコールが手掛けるコワーキングスペースです。ライブラリーも併設しているのが大きな特徴です。コワーキングスペースとコミュニティースペースが分けられているため仕事にも集中できます。希望者には別料金でロッカーも利用できるのはうれしいですね。

【こんな人におすすめ!】

仕事に集中したい

知識を深めたい

時間単位で利用したい

日曜と祝日はしっかり休む方

【コワーキングスペース概要】

◆施設名◆

ワコールスタディホール京都

◆営業時間◆

火曜~金曜: 10:00~21:30

土曜: 10:00~17:30

◆定休日◆

日曜・月曜・年末年始・祝日: 休み

◆住所◆

京都市南区西九条北ノ内町6

ワコール新京都ビル1、2階

◆アクセス◆京都駅八条口より徒歩7分

◆利用料金◆

・月会員/10,800円

・1日会員/1,620円

・ドロップイン会員(時間利用)/1時間/324円

 

▶目次へ戻る

◇◆京都VIPラウンジ◆◇

京都コワーキングスペースおすすめ 京都駅 京都VIPラウンジ
(出典:https://viplounge.jp/kyoto/lounge/)

【特徴は?】

京都駅南側。こちらはコワーキングスペースとしての利用も可能ですが、様々な用途で利用できるラウンジです。京都駅スグ近くという立地の良さから、高速バスや新幹線乗車前後の空き時間などに休憩で利用される方も多いようです。ドリンクやお菓子なども販売されています。荷物を預かってくれるサービスも提供しています。月額会員はなく、全て単発での利用になります。

【こんな人におすすめ!】

単発でドロップインで使いたい方

サークル・オフ会などで使いたい方

時間単位で利用したい

就職活動中の方

【コワーキングスペース概要】

◆施設名◆

京都VIPラウンジ

◆営業時間◆

1F 5:45~11:00/13:00~24:10 

2F 5:45~9:00/13:00~24:10

◆定休日◆

年中無休(年末年始休み)

◆住所◆

京都市南区西九条鳥居口町6番地1F・2F

◆アクセス◆京都駅八条西口から徒歩5分

◆利用料金◆

・1時間フリードリンク付き/300円

(9:00~11:00 / 13:00~20:00)

・1時間フリードリンク付き/600円

(5:45~9:00 / 20:00~24:10)

・フリープラン/980円/1200円/1500円

フリードリンク付きは上記3プランあります

 

◇◆コワーキングスペースcoto(コト)◆◇

京都コワーキングスペースおすすめ 京都駅 コワーキングスペースcoto(コト)
(出典:https://www.coto-kyoto.jp/)

【特徴は?】

京都駅の北側。ガンダムグッズが置かれていたり、屋上でキャンピングコワーキングスペースがあったりユニークな取り組みが特徴です。打ち合わせスペースも2時間まで300円からとリーズナブルなお値段です。

【こんな人におすすめ!】

おしゃれな場所で作業したい

アクセスの良い場所を探している

リーズナブルに利用したい

クリエイティブ系の職業

【コワーキングスペース概要】

◆施設名◆

コワーキングスペースcoto(コト)

◆営業時間◆

平日 10:00~18:00

土日祝 10:00~16:00

◆定休日◆なし

◆住所◆

京都市下京区東塩小路町607-10

サンプレ京都ビル4F(クリエイター育成協会内)

◆アクセス◆京都駅から徒歩6分

◆利用料金◆

・マンスリー(月会員)/11,000円/月

・住所利用/3,000円/月

・ドロップイン1名¥1,000/1日

 

◇◆サラ メルクリオ◆◇

京都コワーキングスペースおすすめ 京都駅 サラ メルクリオ
(出典:https://www.sala-mercurio.com/)

【特徴は?】

京都駅南側。固定の専用デスクや個室が付与されるレンタルオフィスのようなプランもありますが、ここではコワーキングスペースプランを説明しています。おしゃれで広々とした落ち着いた空間。お試し利用券2時間1000円も利用できます。非会員のドロップイン利用はできません。会社所在地として登記も可能です。

【こんな人におすすめ!】

アクセスの良い場所を探している

おしゃれな場所で作業したい

今後はオフィスレンタルも考えている

【コワーキングスペース概要】

◆施設名◆

サラ メルクリオ

◆営業時間◆~18時

◆住所◆

京都市南区東九条下殿田町43

◆アクセス◆京都駅八条口徒歩7分

◆利用料金◆

・入会金/10,000円税別

・Dairy Stay(~18時まで)/2,500円税別

・Business Stay(4時間以内)/1,600円税別

 ・Short Stay(2時間以内)/1,000円税別

 

▶目次へ戻る


*京都市内その他地域*2件


京阪東福寺駅◇◆Collabo Office E9◆◇

京都コワーキングスペースおすすめ 京阪東福寺駅 Collabo Office E9
(出典:https://collabo-office-e9.com/)

【特徴は?】

2019年6月にオープンした新しいコワーキングスペース。ドロップイン単発利用なし、固定の専用デスクが付与されるレンタルオフィスのようなプランもありますが、こちらは現在定員に達しているようです。プロジェクトエリア、コラボエリア、パーソナルエリア、マイデスクエリア、セッションエリアなどに細かく区分けされており用途によって使い分けができるのが特徴。月々5000円で登記も可能です。

【こんな人におすすめ!】

コラボビジネスを検討している

仕事に集中したい

本気で起業したい

人脈を作っていきたい

【コワーキングスペース概要】

◆施設名◆

Collabo Office E9

◆営業時間◆

07:00~23:00

◆住所◆

京都市南区東九条南河原町9-1

◆アクセス◆京阪東福寺駅徒歩6分

◆利用料金◆

・月会員/20,000円 

 

▶目次へ戻る

阪急桂駅◇◆コラボレmix◆◇

京都コワーキングスペースおすすめ 阪急桂駅 コラボレmix
(出典:https://collabore.jpn.com/mix/)

【特徴は?】

京都市の西側周辺にはコワーキングスペースがほとんどないため貴重な施設ですね。広告の企画・制作をしている会社が運営するコワーキングスペースです。テーブルに5席、デスクが2席という小規模な設備。会員になると席を予約することができます。月額会員などはなくドロップインの利用限定になります。

【こんな人におすすめ!】

広告業・デザイン業に興味がある。

アットホームな雰囲気が好き

都心部から少し離れたい

【コワーキングスペース概要】

◆施設名◆

コラボレmix

◆営業時間◆

10:00〜18:00 

◆定休日◆

日曜・祝日: 休み

◆住所◆

京都市西京区川島有栖川町50−1

桂西口駅前ビル

◆アクセス◆阪急桂駅西口徒歩1分

◆利用料金◆

・入会金:500円

・1時間料金:ビジター500円/会員300円

・延長30分毎:ビジター250円/会員150円

・1日料金:ビジター2000円/会員1500円


通勤が苦手な方のコワーキングスペースの選び方

通勤が苦手な方のコワーキングスペースの選び方

独立・起業の最大のメリットは通勤から解放されることです。せっかく通勤から解放されたのに毎日、満員電車に揺られてコワーキングスペースに通うのはなかなか難しいものです。人間の本質として強制されないと腰が重い。これは仕方のないことです。最もわかりやすい例がスポーツジム。せっかくジムに通いはじめても頑張るのは2~3日。そのうち行かなくなって月額利用料だけ支払っている。よくあるパターンです。

【1】通勤が苦手な方へ

通勤が苦手な方は、自分に厳しくしてみましょう。少々高額でおしゃれなコワーキングスペースを選ぶのがオススメです。場所は自宅から近いほうが望ましいですね。高い料金を払えば「もったいない」という心理が働くもの。頻繁に通えるかもしれません。ダイエットで有名なライザップが結果にコミットできる理由が「高いこと」だったそうです。高いお金を払っていれば、頑張れる方も多いでしょう。

【2】かなり通勤が苦手な方へ

人と比べて異常に通勤が大嫌い!満員電車はマジで嫌だ!そんな方は、自分でも性格はわかっているはずです。思い切ってあきらめましょう。通勤することで仕事へのモチベーションも下がってしまえば本末転倒です。通勤をサボる前提でコワーキングスペースを利用するべきです。したがってドロップイン・単発で時間単位・1日単位での利用がオススメです。会議や打ち合わせのときだけコワーキングスペースを利用して、あとは自宅で仕事をするのが、経費を無駄にしないですね。もちろん通勤だけをサボれるような環境にするだけです。仕事はサボらずに自宅でしっかりこなしましょう筆者も経験しましたが、実際に毎日同じ場所へ 通うのはけっこう難しいのです。

 

▶目次へ戻る


京都コワーキングスペースこいやまCafe

京都バーチャルオフィス利用のお客様のみ特典付きで利用できるコワーキングスペースが「こいやまCafe」です。京都のビジネス街である四条烏丸から徒歩5分。室町通に構えています。京町家を改装したおしゃれな建物です。

◆京都バーチャルオフィス会員特典◆

・入会金15000円なし

・半年分一括入金で1か月(5400円税込)無料

 

▶詳しくチェック


【コラムカテゴリー】

起業アドバイス

▶コラムTOPへ戻る


京都バーチャルオフィスについて

申し込みフォーム
他社との違い
利用料金とサービス内容

あなたへオススメの関連記事

この記事を読んだ方には下記ページもよく読まれています

ネット起業

ネットでの起業を考えても、なかなか最初の一歩が踏み出せないという方は多いですよね。そこで本記事では、ネットで起業をする方法や、メリットやデメリットをご紹介します。

続きを読む