個人事業主必見!バーチャルオフィスのメリットとは?

個人事業主
バーチャルオフィスとは?【39】

オフィススペースではなく、住所を借りるサービスとして注目が集まるバーチャルオフィス。他にも電話番号やFAX番号のレンタル、郵便物の転送、会議室の利用など、さまざまなサービスの提供が受けられます。月額数千円から利用できることもあり、資金に限りのある個人事業主から人気です。この記事ではバーチャルオフィスを利用するメリットについて解説します。

バーチャルオフィスを利用すると何がいいのか?

バーチャルオフィスの利用には大きく三つのメリットがありますので、一つずつ見ていきましょう。

コストを削減できる

もしオフィスを借りようとすれば賃料はもちろんのこと、光熱費などの費用もかさみ、更には敷金・礼金といった初期コストも必要になります。資金に余裕のある会社であれば問題ありませんが、個人事業主には頭を悩ます問題です。しかしバーチャルオフィスは月々数千円でサービスを利用できますし、入会金や保証金も敷金・礼金と比較すれば格安で済みますので、費用の問題はないといえます。事業をスタートすることよりも、継続することは本当に難しいです。継続が困難になるもっとも大きな原因は固定費と言えます。固定費が払えなくて資金ショートするのはよくあるパターンです。毎月、確実に決まって支払うべき経費。これをいかに抑えるか?が長く事業を継続していくためのコツなのです。

都心一等地の住所を手に入れられる

人は住所を見て会社の印象を決める一面を持っています。その住所が都心であればあるほどプラスに働く傾向があり、個人事業主が都心の住所をもてることは非常に意味あることなのです。また自宅を法人登記するとプライバシーの問題も発生しますし、マンションでは規約上法人登記が認められないこともあります。しかし住所を手にいれれば、この問題も解決できます。自宅で仕事をする場合でも、自宅の住所を名刺やHPで公開したくない場合には非常に適したサービスです。

会議室が利用できる

普段は自宅やカフェで仕事をしていても、クライアントとの商談などでは利用できません。情報の機密保持のためにも会議室が必要になります。バーチャルオフィスでは有料・無料はあれど、貸し会議室を提供している場合が多く、いざという時でも困らないのです。

個人事業主はバーチャルオフィスの利用を考えよう

導入事例

IT技術の進歩により、人は場所に縛られずに仕事ができるようになりました。個人事業主の中には、特定のワークスペースを必要としない方も多く、働き方の自由度が高くなったといえます。しかし事業を運営する上で、住所が重要な意味をもっていることは今も昔も変わりません。バーチャルオフィスを利用すれば、場所ではなく住所を借りることができ、個人事業主や小規模事業者、スモールビジネスでのスタートアップにとっては非常に魅力のあるサービスといえるでしょう。

京都バーチャルオフィス

お電話でもお気軽にお問い合わせください

電話番号 075-257-7746

個人事業主
タップして電話する
自宅住所登記と公開リスクとは
バーチャルオフィスの利用料金
お得なクーポン
起業やビジネスに役立つコラム集

■営業時間■

9:00 ~ 20:00 (月~金)

■連絡先■

TEL: 075-257-7746

バーチャルオフィス 京都へ申し込む
バーチャルオフィスとは

よく読まれている記事

京都バーチャルオフィスへメッセージ

2019年5月27日(月)現在

登録ユーザー数 128社

バーチャルオフィスの料金
バーチャルオフィスの料金システム
レンタル 事務所 格安
おすすめバーチャルオフィス
シェア オフィス 創業
バーチャルオフィス  起業
バーチャル 京都 オフィス
バーチャルオフィスの評判
バーチャル 京都 オフィス
バーチャルオフィス 起業 貸し住所
バーチャル 京都 オフィス 貸し住所
バーチャル 京都 オフィス 貸し住所
バーチャルオフィス比較
バーチャルオフィスの電話転送
バーチャルオフィスプラチナプラン
プラチナプランご案内
格安の京都バーチャルオフィスクーポン割引
京都レンタルサロン
京都レンタルサロン
京都虛擬辦公室
京都虛擬辦公室
オンデマンド秘書
京都バーチャルオフィスfacebookページ
コラムバーチャルオフィスとは
バーチャル 京都 オフィス 貸し住所

京都バーチャルオフィス

TEL: 075-257-7746