スタートアップにおけるバーチャルオフィス活用術


バーチャルオフィスでスタートアップ
バーチャルオフィスとは?【11】

スタートアップで新たにビジネスを立ち上げる場合において、まず課題となるのがいかに初期コストを抑えて効率的に経営するかということです。この点、初期コストの中でも特に大きなウェイトを締めがちなものの一つにオフィス関連の費用がありますが、バーチャルオフィスを活用することで大幅にコストを節約することが可能です。以下では、このバーチャルオフィスの仕組みと活用法について見ていくことにします。


スタートアップ企業について

スタートアップ企業と呼ばれるものにはインターネット関連のビジネスが多く、インターネットを活用した新しいビジネスモデル構築しようとしていることがほとんどです。これらの企業は従来のビジネスモデルである企業と比較すると、2~3年で急激に成長することもあります。また従来の既成概念にとらわれない発想を持っているため、リモートワークなどを取り入れたり、新しい働き方へも抵抗がないと言えます


バーチャルオフィスとは?


バーチャルオフィスとは、実際に入居することなく住所や電話番号を借用する形で会社を作って、スタートアップすることができるサービスのことを言います。類似のサービスとしてレンタルオフィスというものがありますが、レンタルオフィスの場合には物理的にオフィススペースを借りて使用することができるのに対し、バーチャルオフィスの場合にはその名が示す通りあくまでもバーチャルな形でオフィスが提供されるだけですのでテナントなどを借りる内容にはなっていません。


バーチャルオフィスのサービス内容


バーチャルオフィスにおいて提供されるサービス内容は、主に住所や電話番号の提供、電話代行、荷物の受け取り、法人登記手続きなどです。提供された住所を会社所在地として登記することができるため、専ら自宅で仕事をするものの、個人宅の住所を公にしたくないスタートアップ企業の経営者にとっては利用価値の高いサービスということができます。


バーチャルオフィスの活用法


私は、会社の経営とは徹底的に効率を追求するべきと考えます。バーチャルオフィスでは、電話代行や秘書代行サービスも併用していることが多いです。したがって電話要員や雑務処理用の事務員を雇うコストを抑えたい場合に利用するといった活用の仕方があるでしょう。少数精鋭で始めるスタートアップ企業がほとんどだと思います。誰でもできるような経理や書類整理などの雑務に追われていると本来のやるべき仕事がおろそかになってしまいます。よって電話代行サービスや秘書代行サービスもスタートアップ企業に最適と言えるでしょう。もちろんテナント料を払う必要がない分、レンタルオフィスなどよりも料金は安いため、オフィスの賃料を節約したい場合に利用するのもおすすめです。


なぜスタートアップにはバーチャルオフィスが最適なのか?


なぜスタートアップにはバーチャルオフィスが最適なのか?

イニシャルコスト(初期費用)はもちろん固定費用(ランニングコスト)も抑えることができるのが大きな理由です。会社の経営というのは実際にやってみないと、どうなるかわかりません。たいていの場合は事前の予測通りには行かないものです。初めからオフィスを賃貸して思ったように利益がでない場合には、固定費が重くのしかかってしまいます。そうなるとスグに賃貸オフィスを撤退することも考えなくてはなりません。仮にうまくいった場合でも、従業員が増えてオフィスが手狭に感じると引っ越しすることになります。その反面、バーチャルオフィスは将来の状況に応じて、どのような方向にも舵が切りやすいのです。よってスタートアップにおいては、流動性が高く手軽に使えるバーチャルオフィスが向いていると言えます。一般的なオフィス賃貸と異なり、利用開始までのスピードも速いため、余計な手間を削減することもできますね

バーチャルオフィスはフットワークが軽く使えるので、スタートアップ時には最適なのです


バーチャルオフィスを活用してスタートアップを成功させよう


以上で見てきたように、バーチャルオフィスの最大の魅力は何と言っても余分なコストをかけず、かつスピーディーにスタートアップ企業を立ち上げることができるという点です。初期投資を安く抑えた分だけ損益分岐点を引き下げることができるため、なるべく早期に黒字化を達成したいと考えているスタートアップ経営者の方にはぜひ検討いただきたいサービスの一つです。


京都のバーチャルオフィスが他府県のユーザーからも選ばれる理由

京都市内に所在地を置くバーチャルオフィスには東京や大阪など他府県にあるバーチャルオフィスにはない大きな特徴があります。これは京都市内特有の独自の風習から来ているものであると言えるでしょう。京都のバーチャルオフィスは、バーチャルオフィスを使っていることがバレにくいのです。その理由とは?

▶続きを読む





京都バーチャルオフィス


お電話でもお気軽にお問い合わせください

電話番号 075-257-7746


タップして電話する

申し込みフォーム

他社との違い、選ばれる理由

サービス内容とご利用料金

お得なクーポン

あなたへオススメの関連記事

この記事を読んだ方には下記ページも読まれています


ゆうちょ銀行の口座開設

自宅の住所を公開せずにバーチャルオフィスの住所を所在地として起業した場合、気になるのが銀行口座。その中でも全国どこでもあるゆうちょ銀行の法人用・事業用口座を開設したいと考えている方もたくさんいます。はたして借りた住所でゆうちょ銀行の口座は開設できるのでしょうか?

▶続きを読む


おしゃれ

どうせ起業するならおしゃれなイメージのあるエリア。かっこいいエリアを本店所在地として起業したいものです。それが簡単に格安でできるのがバーチャルオフィスサービス。都心のおしゃれな人気エリアにはたいて存在しています

▶続きを読む


行政書士などの士業の事務所住所

弁護士や税理士、会計士、司法書士、行政書士、弁理士などの資格を有するいわゆる士業で独立する場合、自宅を事務所として登録するのは許可されています。それではバーチャルオフィスを事務所として登録できるのでしょうか?

▶続きを読む


京都コワーキングスペース

京都にあるオススメのコワーキングスペースを12社、選んでご紹介。料金と所在地及びエリア、ドロップイン(単発利用あり)の可否も併せて掲載しています。

 

▶続きを読む