【徹底解説】バーチャルオフィスとは?100以上のキーワードで説明

バーチャルオフィスとは?
バーチャルオフィスとは?TOP

近年、働き方が多様化する中、オフィスのあり方も多様化しています。その中で今後増加すると考えられているのが、バーチャルオフィスです。バーチャルオフィスは事務所を構えずに、本当に事務所を運営しているかのように見せることができます。

 しかし、まだ一般的には浸透しておらず、バーチャルオフィスとは?何なのか知らない方も多いのではないでしょうか。そこでこのページではバーチャルオフィスについて徹底的に詳しくご紹介します。100以上の関連キーワードに関してそれぞれ詳細に記事を記しています。バーチャルオフィス選びのご参考になれば嬉しく思います。

バーチャルオフィスって何なの?

バーチャルオフィスって何?

バーチャルオフィスとは事務所を借りることなく、住所や電話番号をレンタルするサービスのことです。退職後に独立する方や、自宅で起業する方に適しています。事業をスタートするために事務所を借りると、家賃や保証金の他、内装工事や机などの購入で非常に多くの初期費用がかかります。しかし事務所を借りずに事業を始めれば、自宅の住所を記載することになります。また、普段使っている携帯電話の番号を会社の番号として使わなければなりません。バーチャルオフィスを利用すれば、一等地の住所を法人登記や名刺に記載でき、固定電話の番号も使用できます。必要な時に会議室を使え、バーチャルオフィス宛に届いた郵便物は自宅への転送も可能です。初期費用を抑え、自宅住所などのプライバシーを保護しながら、事業を行う上で最低限必要な機能をレンタルできます。大変便利なサービスのため、都心部を中心に利用者は増加傾向にあります。小規模で費用をかけずに起業したい方、オフィスが必要ない方にはピッタリなのがバーチャルオフィスサービスと言えます。

どのようなサービスがあるのか

ではどのようなサービスを利用できるのか、ここでは備えている基本的な機能をご説明します。

【住所提供】

バーチャルオフィスのメインのサービスとも言えるのが、住所のレンタルです。提供された住所は名刺や会社のパンフレットなどに記載できます。起業するとHPや名刺、チラシなどなど様々な場面で住所を記載する必要があります。でも自宅の住所を公表するのは少し気がひけますよね。そんなときにオフィスを実際に賃貸せずに住所だけがレンタルできるのです。最も大きなメリットは自宅住所を公開しなくていいことですね。多くの場合都心一等地の住所が格安で利用できるので会社としてのブランディングにもなります。当社京都バーチャルオフィスの所在地は京都市上京区。日本国民なら知らない方はいない「京都御所」から徒歩1分の由緒ある場所になります。貸し住所を提供するバーチャルオフィスを活用して格安で起業しましょう。提供される住所は、会社所在地として好印象を取引先や顧客から好印象を持たれやすいか?チェックが必要です。

【登記できる】

さきほど説明した住所提供。もちろん会社の所在地としても登記することができます。個人事業主としての申告書類へ記入することもできます。しかしごくまれに登記を禁止しているバーチャルオフィスもあるので注意してください

【電話番号提供と転送】

次に代表的なサービスが固定電話番号を利用できることです。「東京03」や「大阪06」の市外局番をあなたのビジネス用の電話番号として利用することが可能です。プライベートの携帯電話の番号を利用することと比較すると取引先や顧客からの信用度が向上します。かかってきた電話は直接、あなたの携帯電話へ転送することもできます。秘書サービスが付属していて、代わりに電話を取ってくれる場合もあります。

【FAX利用】

最近はFAXを利用することも少しずつ減ってきましたが、FAXの利用も可能です。届いたFAXはPDFなどでメールにて転送されてきます。発信することができるバーチャルオフィス事業者もあります。

【会議室レンタル】

会議室を使えるバーチャルオフィスもあります。商談や打ち合わせなどで必要な時間分だけ利用できるため、大変便利です。時間単位で有料の場合が多いです。プロジェクターやインターネット環境など会議に必要な設備は整っています。会議に参加する人数によっては狭く感じることもあるかもしれませんので、適正な収容人数の確認が必要です。

【郵便転送サービス】

バーチャルオフィス宛に届いた郵便物を受け取り、転送や保管に応じます。プランの料金に含まれるケースと、転送した郵便物の数などに応じて別途サービス料がかかるケースがあります。保管期限や数量など運営会社によって異なりますので確認が必要です。

つまりあなたが作業をするためのワークスペースがないオフィスだと考えてください。しかしスペース以外の事業運営に必要な機能は全て提供されます。自宅や自宅近辺での作業が最も効率的だという考え方が少しずつ浸透してきています。インターネットが登場した現代社会では、毎日会社に勤務しなくても働くことは充分に可能なのです。

どんな場合に利用するのが向いている?

フリーランスやノマドワーカ営業や出先での打ち合わせが多い方、起業したてで資金を節約したい方、ネットショップを自宅で始めたい方などにピッタリのバーチャルオフィス。在宅勤務など新しい働き方を推進するサービスです。

※貸し住所は起業に最適

初期費用を限りなく抑えて起業できるため、スタートアップ時には非常に助かるサービスです。現代の日本では「起業したい」という若者が減少傾向にあります。若者だけに限らず、挑戦する方・起業する方が増えること。これが社会を便利に、豊かにしていきます。バーチャルオフィスだけでなく、起業する方を増やす取り組みが社会全体としてもっと盛り上ればいいですね

※手軽に支店も設置できる!

起業するときだけでなく、他府県や他エリアに支店が必要なときにも利用可能です。支店設置に必要な経費も手間も格安に抑えることができます。許認可や入札などで京都市内に住所が必要な方はご検討ください

問題点と注意事項は?

ワークスペースを別に用意する

郵便物を受け取るのが少し遅くなる

許認可の必要な事業は承認されない可能性あり

他社と住所が重複する

このようなデメリットもあることをしっかりと認識して利用しましょう。許認可については解決できませんが、他の問題についてはあまり大きな問題ではなく、また解決策もあります。

それではここから関連キーワード別で、さらに詳細な説明をしていきます。

京都バーチャルオフィス

バーチャルオフィスとは?記事一覧【1】

レンタルオフィスとの違いを比較

▶【徹底比較】バーチャルオフィスとレンタルオフィスの違いって何?

 

テナントを実際に借りる、自宅での作業、レンタルオフィス、シェアオフィス、バーチャルオフィス、様々な働き方・働く場所が登場した現在。それぞれのメリットとデメリットや違いを解説いたします。

▶続きを読む 

利用までの流れと手続き

▶バーチャルオフィス利用までの流れや手続きは?

 

 

 

運営会社それぞれのHPを見て、よし!実際に利用して起業しよう!そう思った方へ。一般的な利用開始までの流れや必要な手続きを詳細に説明します。利用のためには提出するべき書類がいくつかあります。もちろんオフィスを実際に賃貸するよりははるかに簡易な手続きです。

▶続きを読む

固定電話番号取得のメリット

▶バーチャルオフィスにて固定電話番号を取得するメリット・注意点とは?

 

 

どうせバーチャルオフィスを申し込むなら固定電話番号も付与されるプランがオススメです。住所だけをレンタルして、その地域の市外局番の電話番号を利用せずに、名刺やホームページに「携帯電話番号や050のIP電話番号」などを記載するのはあまり見栄えのよいものではありません。

▶続きを読む

オススメ10選

▶プロが選ぶおすすめのバーチャルオフィス10選

 

 

 

起業するときに、バーチャルオフィスのことを知った。いざインターネットで検索するとたくさんの運営会社があって、どこがいいのか?よくわからない。またあなた自身が利用したいサービスはいったい何なのか?どこが自分に向いているバーチャルオフィスなのか?こんな疑問にお答えするオススメのバーチャルオフィス10選です。

▶続きを読む

デメリットと注意点

▶バーチャルオフィスを利用するときのデメリット・注意点

 

 

 

バーチャルオフィスを利用するのはたくさんメリットがありますが、もちろんいいことばかりではありません。他社と住所が重複するなどデメリットもあるのです。利用前には意外に気が付かないかもしれないデメリットをご紹介していきます

▶続きを読む

バレたときの対処

▶バーチャルオフィスはこんなときにバレる!対応方法は?

 

 

 

バーチャルオフィスを利用していることをできるだけ取引先や顧客に知られたくない。こんな方も多いです。どんなときにどんなタイミングでバレるのか?そもそもバレたらデメリットはあるのか?考えていきます。もしかしたら堂々と事前に公開しておくのがいいのかも?

▶続きを読む

法人登記はできるの?

▶バーチャルオフィスの住所を借りて法人登記はできるのか?

 

 

 

自宅マンションで起業したけど、マンションは登記が禁止されていた。なのでバーチャルオフィスを利用することにした。でも新しく設立する会社の本店所在地として、あなたが借りた住所は登記できるのでしょうか? これは最も大きな懸念点です。契約する前にしっかりと確認しておきましょう。

▶続きを読む

働き方改革

▶バーチャルオフィスを使った働き方改革とは?

 

 

 

近年、政府が推奨する働き方改革。残業を減らすことや副業の容認などが主な内容です。それぞれにより効率を追求した働き方が求められます。とは言っても残業を減らすと残業代がなくなり、結果として給料は少なくなってしまいます。そんな理由で自分で稼ぐ副業が浸透してきています。

▶続きを読む

ノマドワーカー

▶ノマドワーカーこそがバーチャルオフィスを利用するべき理由

 

 

最近よく聞くようになったノマドワーカー。働く場所にとらわれずに好きな場所で仕事をするインターネットがもたらした新しい働き方の形です。このノマドワーカーに存在するいくつかのデメリットがバーチャルオフィスで解決するのはご存知でしょうか?

▶続きを読む

郵便物転送

▶バーチャルオフィスは郵便物を転送してくれるのでとても便利!

 

 

レンタルした住所へ届くあなた宛の郵便物。税務署や社会保険庁からの郵便物。取引先からの契約書など様々です。バーチャルオフィスの運営会社はこれら郵便物をどのように扱ってくれるのでしょうか?

▶続きを読む

スタートアップ

▶スタートアップ時にはとても重宝するバーチャルオフィス活用術

 

 

初期コストや固定費を抑えて起業できるのがバーチャルオフィス。費用面で大きなメリットがあるのはもちろんなのですが費用面以外にもスタートアップする会社にはバーチャルオフィスが最適な理由があります。

▶続きを読む

社会保険

▶バーチャルオフィスでの起業後に社会保険に加入する際の注意点とは?

 

 

バーチャルオフィスを契約したあと、個人事業主又は法人の代表者になった。でもまだ手続きが残っています。国民年金ではなく厚生年金に加入したほうがお得です。はたしてバーチャルオフィスでも社会保険に加入できるのでしょうか?

▶続きを読む

コワーキングスペース

▶バーチャルオフィスとコワーキングスペースって、どう違うの?

 

 

「コワーキングスペース」という言葉をよく聞くようになりました。バーチャルオフィスと混同しがちなこのサービス。いったいどんなサービスでバーチャルオフィスと何が違うのでしょうか?

▶続きを読む

評判

▶気になるバーチャルオフィスの評判は?実際に使っている人の感想

 

 

バーチャルオフィスを利用しようか?迷っている。何かと不便なんじゃないの?本当に便利なものなのか?利用する前は何かと不安です。実際に利用中の方からの評判を紹介していきます。

▶続きを読む

費用

▶バーチャルオフィスの平均的な費用と利用者にできること

 

 

バーチャルオフィスの料金って、いくらくらいが妥当なのか?都心部や郊外、地方などで大きく異なりますが、ここでは東京や大阪の都心部一等地を例に平均的な費用を考えていきます。

▶続きを読む

銀行口座開設

▶バーチャルオフィスでも会社名義の銀行口座開設は可能か?

 

 

 

バーチャルオフィスを契約する前に感じる代表的な不安。法人用・事業用銀行口座を開設することができるのか?どうか?実際に利用している人はどこの銀行で口座を開設しているのでしょうか?

▶続きを読む

審査

▶バーチャルオフィスを契約する際には事前に厳しい審査があるのはご存知ですか?

 

 手軽に住所や電話番号を取得できるというサービスでとても便利な反面、逆に言えば不正や犯罪に利用されやすいという課題があるのがバーチャルオフィス。これを防ぐために利用前にはしっかりと審査があります。審査を通過するポイントなどを解説していきます。

▶続きを読む

インフルエンサーとファン

▶ブロガーなどインフルエンサーがファンからプレゼントをもらうためにバーチャルオフィスを利用?

 

 地下アイドル、Youtuber、アメブロなどのブロガー、Instagram(インスタグラム)、SHOWROOMなどのSNSで大金を稼ぐインフルエンサーがたくさん登場しました。これらを個人で運営している方に人気なのがバーチャルオフィスなのです。

▶続きを読む

書留郵便

▶ バーチャルオフィスで書留郵便は受け取れるのか?

 

 

 

会社でサラリーマンをしているときに、書留郵便が送られてくることがありましたよね。あなたが利用しているバーチャルオフィスにも同様にあなたの新会社宛てに書留郵便が送られてくる可能性は大いにあります。

▶続きを読む

通販

▶ 通販商品をバーチャルオフィス住所で購入できるのか?

 

 

 

通販商品をインターネットで購入することが多くなりました。商品の仕入れ用発送先の住所として利用はできるのでしょうか?果たしてバーチャルオフィスの住所で通販商品は受取ってもらえるのか?受け取ってもらったあとはどうなるのか?

▶続きを読む

納税地

▶ バーチャルオフィスで起業したときの納税地はどこになるのか?

 

 

自宅以外の他地域にあるバーチャルオフィスで起業したときに、気になるのが税金の問題です。自宅で納税するのか?本店所在地で納税するのか?納税地はどこにすればいいのでしょうか?

▶続きを読む

ハンドメイド

▶ ハンドメイドで起業したい人は必見!バーチャルオフィスを活用しよう

 

 

手作り雑貨を趣味で作っていて、これは売れるんじゃないか!ハンドメイドで作った作品をECサイトを立ち上げてネットで販売したい!こんな方もいると思います。ハンドメイドの作品をネットで販売する際に、ハードルとなるのが「特定商取引法に基づく表記」です。

▶続きを読む

古物商許可申請

▶ バーチャルオフィスの住所でも古物商の許可申請は通るのか?

 

 

 「商品を仕入れること」も「商品を販売すること」も、どちらもインターネットでできるようになった現代、古物商が開業しやすくなりました。しかし古物商を開業するためには警察署(公安委員会)へ許可申請が必要なのです。

▶続きを読む

勘定科目

▶ バーチャルオフィスを借りるときに支払った費用の勘定科目はどうなるの?

 

 

 事業の費用計上するとき、通常にオフィスを借りた場合には勘定科目は地代家賃になります。しかしバーチャルオフィスをつかって自宅で作業をしているときには、その費用はどのように処理するのでしょうか?

▶続きを読む

潰れる?倒産

▶ 潰れるリスクもある?潰れないバーチャルオフィスの選び方

 

 

 

会員が集まらないなどの理由で運営会社が潰れることもありえるバーチャルオフィス。そんなときは既存の会員様も少々面倒なことになってしまいます。この懸念点を防ぐために選ぶ際のポイントを解説します。

▶続きを読む

現金書留

▶ バーチャルオフィスでは現金書留が届いたらどうしているのか

 

 

 最近はあまり見かけることが少なくなった現金書留。前提として送り主に銀行振込など別の決済方法を指定するべきです。しかしもしあなたが利用しているバーチャルオフィスに現金書留郵便が発送された場合、代わりに受取ってもらえるのでしょうか?

▶続きを読む

ベンチャー

▶ ベンチャー企業の設立時に役に立つバーチャルオフィス

 

 

 

ベンチャービジネスを立ち上げたい、事業を成功に導き継続させるコツは、固定収入を増やして、固定費を減らすことです。インターネットを活用したIT関連のベンチャービジネスが主流になるかと思います。

▶続きを読む

許認可

▶バーチャルオフィスと許認可の問題について知っておこう!

 

 

 

起業するときに、あなたの事業ドメインによっては注意すべき大きなポイントがあります。その事業内容は、許認可が必要なのでは?必要な場合はどうやったら許認可を受けられるのか?要件を確認しましょう。

▶続きを読む

フリーランス

▶フリーランスにとって有益で便利なバーチャルオフィス

 

 

 

デザイナーやクリエイター、エンジニア、WEBライターなどフリーランスで誰にも縛られない働き方を選ぶ方が多くなっています。そんなフリーランスにとってピッタリなのがバーチャルオフィスです。

▶続きを読む

クレジットカード

▶バーチャルオフィスでも事業主としてクレジットカードを作りやすいカード会社はどこ?

 

 

 事業主として代表者になって独立したとき、あれば便利なのがビジネス用法人名義のクレジットカード。個人用と分けておくと経費精算時に非常に助かります。ここで疑問なのがバーチャルオフィスでもクレジットカードを作ることができるのか?というポイントです。

▶続きを読む

お申込フォーム
タップして電話する

関連キーワード別全記事一覧

 ワークスペース シェアオフィスとの違い 税理士

 名義 メルマガ 申込み 問題点 社会保険

 電話転送 屋号 ゆうちょ銀行 日本政策金融公庫 

 利用規約 来客 リスク 利用目的 楽天銀行 料金

 レンタル住所 行政書士 住民票 自宅での経費

 電話回線 電話対応 アプリ 月額 ペンネーム

 プライバシーマーク 便利な利点 クラウド 定義

 物件 ビジネス ポスト おしゃれ 経費と仕分け

 スカイプ 請求書と領収書 相談 宅配便 地方

 テレビ会議 荷物転送と発送 BASE 法人税と均等割

 特定商取引法 転売 利用者と業種 郵便物転送

 本人確認 未来 無料 名刺 メルカリ 楽天

 面接 ハンドメイド 働き方改革 費用 評判

 宅建業 ベンチャー 審査 導入事例 銀行融資 

 現金書留 勘定科目 開業届 書留 起業 許認可

 銀行口座開設 個人事業主 コワーキングスペース 

 スタートアップ せどり 相場 通販 使い方 潰れる

 テレワーク なぜ人気 ネットショップ 納税

 市外局番 amazonのfba インフルエンサーとファン

 ノマドワーカー アフィリエイト フリーランス

 使ってみた 荷物受け取り 口コミ 古物商

 クレジットカード  地代家賃  レンタルスペース

 ツール 用途 利用開始までの最短日数 ヤフオク

 登記 レンタルオフィス おすすめ 固定電話番号

 デメリットと注意点 バレるのを防ぐ対応 利用手続き

■営業時間■

9:00 ~ 20:00 (月~金)

■連絡先■

TEL: 075-257-7746

バーチャルオフィス 京都へ申し込む
バーチャルオフィスとは

よく読まれている記事

facebookメッセンジャーで問い合わせ

2019年8月21日(水)現在

登録ユーザー数 136社

問い合わせ
見積り作成依頼
サービス内容
所在地
他社と比較してココがすごい
割引キャンペーン
お支払い方法
ご利用規約
お客様の声
株式会社バロックワークス会社概要
代表者プロフィール
代表者からのご挨拶
しくじリーマンブログ
他社との違い、セールスポイント
電話転送サービス
スマホビジネスフォン無料トライアル
バーチャルオフィスプラチナプラン
プラチナプランご案内
WEBクーポン割引
京都コワーキングスペース
京都コワーキングスペース
京都虛擬辦公室
京都虛擬辦公室
オンデマンド秘書サービス
京都バーチャルオフィスfacebookページ
問い合わせ
人気コラムランキング
今すぐ申し込む

京都バーチャルオフィス

TEL: 075-257-7746