バーチャルオフィスで古物商の許可申請は通るのか?

古物商
バーチャルオフィスとは?【23】

最近はやりのバーチャルオフィスは普通のオフィスと違って実際のオフィスを借りる必要がなく、初期費用が安上がりになることからベンチャー企業の間で人気を集めています。そんな中、バーチャルオフィスで古物商を開くことができるのかという疑問を持つ人が最近増えています。果たしてバーチャルオフィスで古物商を行うことができるのでしょうか。


古物商が開業しやすくなった

インターネットの発達により、さまざまなサービスが登場しました。昔は商品を競売などで仕入れて、実店舗に陳列し顧客に販売する方法が一般的でした。しかし現在は「商品を仕入れること」「商品を販売すること」どちらもインターネットのみで完結することができる時代になりました。したがって昔よりも古物商開業のハードルは下がったと言えます


古物商を行うには何が必要か

日本では古物商を行う際には古物商許可を申請して取得する必要性があります。古物商許可を取得するには様々な条件がありますが。その条件のひとつとして営業所を設ける必要があります。営業所と聞くと身構えてしまう方も多いと思いますが普通の小さい店舗やオフィスでも全く問題ありません。


バーチャルオフィスで古物商を営業できない

では、バーチャルオフィスで古物商を営業することができるのでしょうか。バーチャルオフィスは確かに様々なメリットがありますが、古物商の営業所として利用するのには不適切です。たとえネットだけで取引を行いオフィスやお店は必要でなくても、実際の営業所がないと古物商許可を取得することができないのです。


バーチャルオフィスで古物商が営業できない理由

なぜ、バーチャルオフィスで古物商が許可されていないのかというと、古物を扱っている古物商特有の問題があります。古物商でお客が売りに来る品々の中には盗まれた品が混ざりこんでいることがあり、警察が盗まれた品をすぐに発見でき、取引の流れを把握するために古物の扱っている営業所の実態があるものでなければいけません。そのため、住所や電話番号を貸し出し、営業所の実態が存在しないバーチャルオフィスでは古物商が許可されないのです。


別の方法を模索しよう

古物商

自宅を営業所として古物商許可を申請する

自宅を古物商の営業所とすることは、禁止されてはいません。しかしながら古物商許可の申請をもらうためには(自宅を営業所として管轄警察署から認めてもらう)には、専用の営業店舗での申請と比較すると注意するべきポイントは増えます。


実態がないバーチャルオフィスを古物商の営業所として申請しても、古物商取引許可の取得を行うことができません。古物商を新たに始める際には、小物取引許可の取得方法に関する深く詳しい専門知識を持っている専門の行政書士に相談してどのような方法でならより費用を抑えて、自宅を営業所として開設することができるのか?相談すると古物商取引許可の取得の際に、無駄な労力を使わなくて済みますよ。





京都バーチャルオフィス


お電話でもお気軽にお問い合わせください

電話番号 075-257-7746


タップして電話する
申し込みフォーム

他社との違い、選ばれる理由

料金プランとサービス内容

お得なクーポン

起業やビジネスに役立つコラム集

あなたへオススメの関連記事

この記事を読んだ方には下記ページも読まれています


バーチャルオフィスの郵便物の取扱いは?郵便物の転送や受取不可郵便を解説

バーチャルオフィスを利用するにあたって、「郵便物の扱いはどうなる?」と気になる方は多くいるはずです。ここでは、バーチャルオフィスの特徴や私書箱サービスとの違い、郵便物の転送費用や、受取不可の郵便物等に関して解説します。

▶続きを読む

 


テレビ会議

次世代通信5Gの登場によってテレビ会議もますます進化すると予想されています。これは同時に場所を選ばない働き方もさらに加速するということになります。在宅勤務を実現して通勤ラッシュから解放されてみませんか?

▶続きを読む

 


せどり

古本屋などのお店で高く売れそうな商品を安く買って、転売するせどり。簡単に始められる代表的な副業とも言えます。だれでも一度くらいは検討したことがあるのではないでしょうか?

▶続きを読む


荷物の転送と発送

バーチャルオフィスには様々な会員様がいます。会員様宛に届く荷物も大小・中身も様々です。保管限度数や保管期限・サイズなどがそれぞれ決まっています。そして荷物を転送する場合には着払いでの転送が基本です。契約前に荷物が届く頻度などわかっている場合には事前に質問してみましょう

▶続きを読む


京都コワーキングスペース

京都にあるオススメのコワーキングスペースを12社、選んでご紹介。料金と所在地及びエリア、ドロップイン(単発利用あり)の可否も併せて掲載しています。

 

▶続きを読む