特定商取引法を守るためにはバーチャルオフィスが最適


特定商取引法
バーチャルオフィスとは?【69】

ネットショップで起業したいけれど、個人情報を公開したくないという人もいるでしょう。しかしながら特定商取引法によってオンラインショップの運営者情報の公開は義務付けられています。そのような方におすすめのサービスがバーチャルオフィスです。バーチャルオフィスを利用すれば、自分の住んでいる現住所を不特定多数の人に知られる心配がありません。ここではネットショップでバーチャルオフィスを安全に利用する方法やメリットについて紹介します。


特定商取引法の表記にもバーチャルオフィスは利用できる


全てのネットショップでは「特定商取引法に基づく表記」によって、氏名や住所、電話番号などの個人情報を公開しなければならない決まりがあります。これは消費者が詐欺被害を受けないように守るための記載であるため、基本的にはルールに従うべきものです。仮にこのような法律がなかったとしても、どこの誰が運営しているか?よくわからないオンラインショップでは消費者は買い物をしたいと思うでしょうか?たくさんの商品を販売してビジネスとして成功するためには運営者情報を公開してユーザーからの信用を得る必要があります。でも自宅の住所は公開したくない。そんなとき、例外的にバーチャルオフィスの利用は認められています。そのためネットショップでのバーチャルオフィスの利用に大きな問題はありません。


スーパーの野菜売り場などで見かける生産者表示


スーパーの野菜売り場などでよく生産者表示を見かけませんか?「〇〇県の△△さんという農家が作りました。」というシールなどによる表記です。これは単に法律で義務づけられているからだけの理由ではないのです。どこの誰が作っているのか?顔写真や産地まで公開して消費者から信用を得るためなのです。また生産者名自体がブランディングにもつながっていきます。これと同じことがネットショップにも言えます。


ネットショップを低コストで運営できる


実在するオフィスを使ってネットショップを運営するとなれば、毎月の維持費が高額になります。年間での消費額を考えると、運営コストに大きなダメージを与えるものであると言えるでしょう。そこで有効なのがバーチャルオフィスです。バーチャルオフィスであれば、実在するオフィスを運営するときのコストよりも、大幅に安い価格で利用することができます。


返品商品の受け取りもできる


バーチャルオフィスを利用しているときの不安要素として挙げられるのが、何らかの理由で商品が返品になったときです。記載されている住所はバーチャルオフィスのものなので、このままでは自分が住んでいる住所に配達されることはないでしょう。しかし、バーチャルオフィスには商品の転送を行ってくれるサービスもあるため、返品されたものが戻ってこないという状況には陥りません。


特定商取引法に基づく表記に従って素直に情報開示することが重要

特定商取引法

ネットショップでバーチャルオフィスを利用するときに重要なのは、消費者とのトラブルを回避することです。そのために重要なのは情報の提供を求められれば、素直に情報の開示を行うことでしょう。個人情報を公開したくないという気持ちを持っているかもしれませんが、ここで開示を断ってしまえば大きなトラブルに発展してしまいます。安全にバーチャルオフィスを利用するためにも、決まりを守っておくのが良いでしょう。



京都のバーチャルオフィスが他府県の方からも人気

京都市内に所在地を置くバーチャルオフィスには東京や大阪など他府県にあるバーチャルオフィスにはない大きな特徴があります。これは京都市内特有の独自の風習から来ているものであると言えるでしょう。京都のバーチャルオフィスは、バーチャルオフィスを使っていることがバレにくいのです。その理由とは?

▶続きを読む





京都バーチャルオフィス


お電話でもお気軽にお問い合わせください

電話番号 075-257-7746


タップして電話する
 申し込みフォーム

他社との違い、選ばれる理由

バーチャルオフィスの利用料金

お得なクーポン

起業やビジネスに役立つコラム集

あなたへオススメの関連記事

この記事を読んだ方には下記ページも読まれています


バーチャルオフィスはどうやって選べば良いの?利用と契約のコツを解説

「何を基準に選んで良いか分からない」「バーチャルオフィスの選び方が分からない」と困っている人も後を絶ちません。そんな人たちのために、バーチャルオフィスを選ぶ際のポイントや注意点を厳選してみました。

▶続きを読む


レンタルスペース

パソコンなどを使って実際に作業する場所、ワークスペースを提供してもらえないのがバーチャルオフィス。自宅で作業をすれば何ら問題はないかと思いますが、仕事とプライベートは環境を変えないと、業務に集中できない方も中にはいるでしょう。

▶続きを読む


古物商

「商品を仕入れること」も「商品を販売すること」も、どちらもインターネットでできるようになった現代、古物商が開業しやすくなりました。しかし古物商を開業するためには警察署(公安委員会)へ許可申請が必要なのです。

▶続きを読む


電話対応と電話秘書代行

固定電話番号の利用も同時に申し込んだ場合、あなたは固定電話番号を名刺やHP、タウンページなどに掲載できます。そうすると取引先やクライアント・お客様がその固定電話番号に電話をかけてきた場合、どのような応対をしてくれるのでしょうか?

▶続きを読む


レンタルオフィス京都おすすめ

京都にあるオススメのレンタルオフィスを12社ご紹介。申し込み時の価格交渉のコツも掲載していますので是非、参考にしてみてください。

 

▶続きを読む