バーチャルオフィスと許認可の問題について知っておこう!

許認可
バーチャルオフィスとは?【28】

昨今、会社に行って働くという概念が少しずつ変わりつつあります。例えば新しく事業を始めた場合、仕事をする場所が自宅だとすると事務所などの場所はいりません。しかし新しく事業をおこなっていくうえで自宅を住所にするのには抵抗があります。そんな時にバーチャルオフィスを利用すると便利なのですが、事業を始めるうえでの許認可の問題が出てきます。今回はそんなバーチャルオフィスと許認可の問題について紹介します。

バーチャルオフィスとは?

バーチャルオフィスとは事業を始めるうえで住所が必要な場合に、住所を提供してくれるサービスです。バーチャルオフィスを利用すると大抵郵便物を受け取ってくれるサービスがついてきます。事業を始めると郵便物が届くようになりますが、その住所宛てに届く郵便物を受け取ってくれるのです。しかし受け取った郵便物をどう処理してくれるかには違いがありますので、事前に確認することが大切です。その他にも電話番号や会議室が使えたりする所もありますので色々と調べてみましょう。

起業に必要な許認可について

個人事業主や法人として新しく事業を始める場合、事業内容によっては「許認可」と呼ばれる手続きを必要とするものがあります。許認可には行政機関に届け出る「届出」と行政機関に届け出て名簿に登録する「登録」。行政機関に届け出て要件を満たす「認可」と行政機関に届け出て審査に合格する「許可」。そして特定の資格を持ち、行政機関に届け出て要件を満たす「免許」の5つがあります。

*まとめ許認可5種類

【1】「届出」

行政機関に届け出る。

【2】「登録」

行政機関に届け出て名簿に登録する。

【3】「認可」

行政機関に届け出て要件を満たす。

【4】「許可」

行政機関に届け出て審査に合格する。

【5】「免許」

特定の資格を持ち行政機関に届け出て要件を満たす。

バーチャルオフィスと許認可の問題点

バーチャルオフィスには業種によっては許認可の取得が困難な場合があります。とくに個別専有のスペースが必要な業種は開業が困難です。例えば弁護士・税理士・司法書士や宅建建物取引業や有料職業紹介所などは困難となりますので気を付けましょう。機密保持や書類保管の重要性がある仕事の場合は許認可が取れない場合が多いです

バーチャルオフィスを使って起業するかどうか?事業内容を決めてから!

許認可

もし法人や個人事業主として新しく事業を始める場合は、バーチャルオフィスを利用する前提で起業するのは、やめましょう。始める業種によっては許認可が必要で、バーチャルオフィスでは許認可の取得ができず、事業を始めることができない場合があります。事業を始める際は綿密に計画を立てて、オフィスは必要となるのかバーチャルオフィスでも大丈夫かを判断してから始めることが大切となります。

京都バーチャルオフィス

お電話でもお気軽にお問い合わせください

電話番号 075-257-7746

許認可
タップして電話する
自宅住所登記と公開リスクとは
お得なクーポン
起業やビジネスに役立つコラム集

■営業時間■

9:00 ~ 20:00 (月~金)

■連絡先■

TEL: 075-257-7746

バーチャルオフィス 京都へ申し込む
バーチャルオフィスとは

よく読まれている記事

京都バーチャルオフィスへメッセージ

2019年5月27日(月)現在

登録ユーザー数 128社

バーチャルオフィスの料金
バーチャルオフィスの料金システム
レンタル 事務所 格安
おすすめバーチャルオフィス
シェア オフィス 創業
バーチャルオフィス  起業
バーチャル 京都 オフィス
バーチャルオフィスの評判
バーチャル 京都 オフィス
バーチャルオフィス 起業 貸し住所
バーチャル 京都 オフィス 貸し住所
バーチャル 京都 オフィス 貸し住所
バーチャルオフィス比較
バーチャルオフィスの電話転送
バーチャルオフィスプラチナプラン
プラチナプランご案内
格安の京都バーチャルオフィスクーポン割引
京都レンタルサロン
京都レンタルサロン
京都虛擬辦公室
京都虛擬辦公室
オンデマンド秘書
京都バーチャルオフィスfacebookページ
コラムバーチャルオフィスとは
バーチャル 京都 オフィス 貸し住所

京都バーチャルオフィス

TEL: 075-257-7746