フリーランスにとって有益で便利なバーチャルオフィス



フリーランス
バーチャルオフィスとは?【29】

フリーランスになりたいと考えている人はバーチャルオフィスを利用するのが効果的です。デザイナーやクリエイター、ITエンジニアなどの様々な専門家が独立してフリーランスを始めていますが、案件獲得に苦労している例も少なくありません。バーチャルオフィスを利用することによってその悩みを解決できる理由を理解しておきましょう。


事業所の住所の意味を知ろう


フリーランスの仕事は自宅でできることがよくあります。デザイナーなら自宅に作業道具を一通り揃えてしまえば自由に業務を行うことができるでしょう。独立するときには自宅を事業所として住所や電話番号を登録するケースもよくありますが、それが原因で案件獲得が難しくなっていることも多いのです。企業が業務を依頼するときには相手を信用できるかを慎重に吟味します。その参考情報の一つとしてどこに事務所があるのかを確認していることが多く、自宅住所になっているのが原因で断られてしまうこともあるのです。


バーチャルオフィスで案件獲得を目指そう


バーチャルオフィスは都心部や地方都市の駅近などの好立地にあるものが大半を占めています。このようなバーチャルオフィスを使うと都心部にオフィスを構えられるような収入を得ている相手だと判断してもらえるようになるのがメリットです。案件獲得で苦労しているならまずはバーチャルオフィスの利用を検討しましょう。


対外交渉にも使えるのも魅力


バーチャルオフィスには会議室を借りられるサービスがあるところもあります。クライアントとの交渉などに使う場所がないというときに使えるだけでなく、住所確認の意味も込めて訪問してくるクライアントを迎え入れられるので安心です。


フリーランスを始めるならバーチャルオフィスに申し込もう


フリーランス

デザイナーやクリエイター、エンジニアなどフリーランスを始めようとする専門家は多くなっています。しかし、自宅で働けるからといって自宅の住所を使って起業してしまうと案件獲得で苦労することも少なくはありません。都心部にあるバーチャルオフィスを使うことによって確かな収入があると考えてもらえるようになるため、信用を勝ち取れる可能性が高まるでしょう。案件獲得に苦労しないためにはバーチャルオフィスの活用が有効なのです。





京都バーチャルオフィス


お電話でもお気軽にお問い合わせください

電話番号 075-257-7746


タップして電話する
申し込みフォーム

他社との違い、選ばれる理由

料金プランとサービス内容

お得なクーポン

起業やビジネスに役立つコラム集

あなたへオススメの関連記事

この記事を読んだ方には下記ページも読まれています


事業内容が確認できないとバーチャルオフィスを利用できない

バーチャルオフィスの利用前には厳しい審査があります。この審査は不正な目的での利用を防ぐために絶対に必要なことです。審査において最も重要なのは「事業内容を明確に確認できること」これに尽きます。

▶続きを読む


法人住民税の均等割

新規法人を設立せずに個人事業主として起業した場合には不要ですが、新しく会社を作った方には法人税以外にも、所得と関係なく納付するべき税金が法人住民税です。資本金等の額や従業員数によって均等割の税額が変動します。

▶続きを読む


ビジネス

バーチャルオフィスは小規模事業者にとってビジネス上、様々なメリットがあります。どんなメリットがあるのか?確認していきます。さらにバーチャルオフィス自体をビジネスとして開始するためのポイントや将来性も併せて考察してみます。

▶続きを読む


ヤフオク

インターネットオークションサイトとして圧倒的な知名度を誇るヤフーオークション。通称ヤフオク。ほとんどの方が利用した経験があると思われます。法人・業者としての参入もできることから、この事業内容での問い合わせがバーチャルオフィスにもよくあります。

▶続きを読む


京都コワーキングスペース

京都にあるオススメのコワーキングスペースを12社、選んでご紹介。料金と所在地及びエリア、ドロップイン(単発利用あり)の可否も併せて掲載しています。

 

▶続きを読む