ベンチャー企業の設立時に役に立つバーチャルオフィス



ベンチャー
バーチャルオフィスとは?【27】

ベンチャー企業を設立して事業を成功させたいと思っているときに、業務のためにオフィスは必要ないということもあるでしょう。その際に事業を有利に進めようと考えたらバーチャルオフィスを使うのが効果的です。三つの観点からベンチャー企業を立ち上げる上でのメリットを確認し、起業準備の一つとして検討してみましょう。


信用できる住所が手に入る


バーチャルオフィスを使うと信用度の高い住所を使って起業することができるのがメリットです。対外交渉をする上で特に重要になるのが都心部に住所を持っているかどうかで、確かな基盤を持っている企業だと理解してもらえるようになります。


初期コストを下げられる


ベンチャー企業を設立するときには資金調達が大きな課題になり、支出はできるだけ減らしたいというのが本音でしょう。特に起業するときは初期コストが大きくなりますが、バーチャルオフィスを使えばかなり削減することが可能です。初期費用はほとんどかからないのが一般的なので、オフィスを作り上げるのに比べると数百万円もの差が生じます。ランニングコストも月々数千円程度なのでコスト面でのメリットも大きいのがバーチャルオフィスのメリットです。もちろんランニングコストも大幅に下げられます。したがってベンチャー企業にとって最低限のリスクでのスタートアップが可能です。


会議室を利用できる


バーチャルオフィスの住所を使って対外交渉をしていると、相手企業から訪問したいという申し出を受けることもあるでしょう。その際にも会議室を使えるというメリットがあります。ただし、どのバーチャルオフィスでも会議室を使えるとは限らないため、このようなシーンが想定される場合には会議室レンタルサービスがあるところを選ぶことが必要です。


ベンチャー企業を設立するならバーチャルオフィスを活用しよう


ベンチャー

ベンチャー企業を設立する上では事業所の住所の良し悪しが対外交渉をするときに大きな影響を及ぼします。また、起業するときの初期コストは膨大になってしまいやすく、資金を準備するのが大変になりがちです。このような問題を解決できる手段として有用なのがバーチャルオフィスなので、これからベンチャー企業を立ち上げようと考えているときには利用を検討してみましょう。





京都バーチャルオフィス


お電話でもお気軽にお問い合わせください

電話番号 075-257-7746


タップして電話する
 申し込みフォーム

他社との違い、選ばれる理由

料金プランとサービス内容

お得なクーポン

起業やビジネスに役立つコラム集

あなたへオススメの関連記事

この記事を読んだ方には下記ページも読まれています


格安で登記可能!大阪でおすすめのバーチャルオフィス11選

大阪には多数のバーチャルオフィスがありますが、どのサービスを選ぶべきか悩んでしまうのではないでしょうか。そこで今回は、大阪にあるおすすめのバーチャルオフィスご紹介します。

▶続きを読む

宅建業

不動産屋を始めるには免許が必要です。それは宅地建物取引士の試験に合格するだけでは不十分で免許申請をして、初めて不動産屋を開業することができるのですが、この場合、事務所の有無が要件として挙がってきます。

▶続きを読む


amazonのfba

ネットショップの世界では最大手と言ってもいいamazon。ほとんどの方が利用した経験くらいはあるでしょう。逆に商品を販売するときにも便利ですが、さらに便利なamazonFBA。このサービスはバーチャルオフィスの住所を使っても利用できるのでしょうか?

▶続きを読む


名刺

ビジネスシーンにおいてあなたの会社の顔になるのが名刺です。名刺をネットで管理できるサービスが普及したとは言え、まだまだほぼ全てのビジネスマンは名刺を持っています。この名刺に団地や住宅地エリアの住所が記載されていたら顧客はどのような印象を持つでしょうか?

▶続きを読む


京都コワーキングスペース

京都にあるオススメのコワーキングスペースを12社、選んでご紹介。料金と所在地及びエリア、ドロップイン(単発利用あり)の可否も併せて掲載しています。

 

▶続きを読む