バーチャルオフィスで書留郵便は受け取れるのか?

書留郵便
バーチャルオフィスとは?【19】

バーチャルオフィスを使って起業すると書留の郵便が送られてきたときに受け取れるのかが疑問に思われることがあるでしょう。普通郵便であれば転送してもらえても、書留の場合には転送不要という扱いにすることもできるため、届かなくなってしまうのではないかという懸念が生まれます。その実態を理解して安心して使えるようになりましょう。


転送不要でも問題なし

バーチャルオフィスを使っているときに転送不要の書留が送られてきたときにもきちんと受け取ることができます。転送不要とは自動転送をしないというだけであって、自分(バーチャルオフィス運営側)から受け取る意志を示せば問題なく受領できるからです。


書留を受け取る方法

バーチャルオフィスで書留を受け取るときの一般的な方法として挙げられるのが不在通知の転送を受けて適当な受け取り方を指定する方法です。バーチャルオフィスでは書留の不在通知も転送してくれるのが一般的で、その指示に従って手続きをすれば書留を受け取れます。受け取れる住所を指定して配達してもらう、郵便局まで受領しにいくという二つの方法が典型的です。どちらが便利かはケースバイケースなので、不在通知が届いた段階で判断して手続きをしましょう。電話やインターネットを使って手続きをすればすぐに受領することが可能です。


受け取って転送してくれるところもある

バーチャルオフィスによっては代理人として書留を受け取った上で指定した住所に送ってくれることもあります。バーチャルオフィスの運営会社は赤の他人なので委任状を予め準備して渡しておく必要がありますが、簡単な手続きで受領してもらえるので有用なサービスでしょう。

【京都バーチャルオフィスの場合】

京都バーチャルオフィスでは不在通知票が入っていた場合でも、当社から郵便局へ連絡して代わりに受け取ります。そして届いた書留郵便の画像をメールにてお知らせします。そのあとは特に指示がなければご指定の住所へ転送いたします


バーチャルオフィスでも書留は受け取れる

バーチャルオフィスを使うと普通郵便は受け取れても転送不要の書留は受け取れないだろうと誤解してしまう人もいます。しかし、中には受領した上で転送してくれるバーチャルオフィスもあるのが実情です。そうでなくとも不在通知を指定した住所まで転送してくれるので、郵便局に行って受け取るか、受け取れる住所への転送を依頼すれば問題なく受領することができます。


京都のバーチャルオフィスが他府県のユーザーからも選ばれる理由

京都市内に所在地を置くバーチャルオフィスには東京や大阪など他府県にあるバーチャルオフィスにはない大きな特徴があります。これは京都市内特有の独自の風習から来ているものであると言えるでしょう。京都のバーチャルオフィスは、バーチャルオフィスを使っていることがバレにくいのです。その理由とは?

▶続きを読む





京都バーチャルオフィス


お電話でもお気軽にお問い合わせください

電話番号 075-257-7746


タップして電話する
申し込みフォーム

他社との違い、選ばれる理由

サービス内容とご利用料金

お得なクーポン

起業やビジネスに役立つコラム集

あなたへオススメの関連記事

この記事を読んだ方には下記ページも読まれています


バーチャルオフィス比較のポイントを解説!料金や評判等を確認!

法人設立において不可欠な住所を、バーチャルオフィスを利用すれば低価格で取得可能です。この記事では、バーチャルオフィスを選ぶ際のポイントの解説やバーチャルオフィスの比較をいたします。

▶続きを読む


使い方

小規模事業者やスモールビジネスの方にとって人気のバーチャルオフィス。新たに起業する方だけでなく趣味の副業やNPO法人、他府県での支店・支社設立など様々な使い方があります。

▶続きを読む


ワークスペース

バーチャルオフィスの貸し住所を所在地として起業したら、実際に働く場所を考えなくてはなりません。せっかく脱サラして通勤ラッシュから解放されたのですから自宅もしくは自宅から徒歩圏内でワークスペースを確保しないと毎日通うのは難しいです。

▶続きを読む


開業届

新会社を設立せずに、個人事業主のままで起業したら会社の設立手続きは当然不要になります。しかし個人事業主でも法人の代表者でも商売を始めたら、税務署への開業届は必ず必要です。

▶続きを読む


京都コワーキングスペース

京都にあるオススメのコワーキングスペースを12社、選んでご紹介。料金と所在地及びエリア、ドロップイン(単発利用あり)の可否も併せて掲載しています。

 

▶続きを読む