バーチャルオフィスで起業・開業したときはどこに納税したらいいの?



バーチャルオフィスで起業・開業したときはどこに納税したらいいの?
バーチャルオフィスとは?【21】

バーチャルオフィスは起業するときに有用な手段として用いられるようになってきましたが、実体のあるオフィスを持たないことで様々な手続きのときに不安が生じることがあります。起業したら納税の手続きを自分ですることになるものの、その納税地をどこに指定したら良いのかと悩むかもしれません。その基本的な考え方を学んでおきましょう。確定申告について不安な場合は税理士に相談しましょう。


納税地は三つから選べる


納税手続きは所轄の税務署で行うことと定められていますが、その納税地は自分で選べる仕組みになっています。選択肢には三つあり、住所地、居所地、事業所等の中から納税するときに都合が良いところを選べば問題ありません。住所地は住民票がある場所で、居所地は海外に住んでいる人が帰国したときに生活している場所などを指します。事業所等の場合には事業を行っている人がその所在地として定めている場所です。


バーチャルオフィスでも事業所の住所を使えるのか


事業所等を納税地にしたい場合にバーチャルオフィスでも大丈夫なのか?という疑問が湧くかもしれません。事業所の所在地として登記されているバーチャルオフィスの住所なら納税地にできます。基本的には登記されているならバーチャルオフィスでも自宅でも問題なく納税地と指定できると理解しておきましょう。


納税地はどのような手続きで決められるのか


バーチャルオフィスのある場所を納税地にしたいときや、やはり自宅の住所地を納税地にしたいときなどにはどうしたら良いのでしょうか。起業するときであれば開業届出書に記載欄があるので、希望する納税地を記入すれば問題ありません。その後に変更したくなったときには所得税・消費税の納税地の変更に関する届出書を提出すれば手続きができます。


バーチャルオフィスの所在地を納税地にできる


バーチャルオフィスの所在地を納税地にできる

実際には事業を行っている場所ではないバーチャルオフィスの住所を使って納税地を決めてしまうことはできるのかという疑問はよくあります。起業するときに届出書を書こうとして自宅の住所地にした方が良いのではないかと思う人もいるでしょう。しかし、登記してしまえばバーチャルオフィスでも全く問題はなく、事業所等の所在地として認めてもらえるので納税地にできます。


京都のバーチャルオフィスが他府県のユーザーからも選ばれる理由

京都市内に所在地を置くバーチャルオフィスには東京や大阪など他府県にあるバーチャルオフィスにはない大きな特徴があります。これは京都市内特有の独自の風習から来ているものであると言えるでしょう。京都のバーチャルオフィスは、バーチャルオフィスを使っていることがバレにくいのです。その理由とは?

▶続きを読む





京都バーチャルオフィス


お電話でもお気軽にお問い合わせください

電話番号 075-257-7746


タップして電話する
申し込みフォーム

他社との違い、選ばれる理由

料金プランとサービス内容

お得なクーポン

起業やビジネスに役立つコラム集

あなたへオススメの関連記事

この記事を読んだ方には下記ページも読まれています


バーチャルオフィスが向いている人は?メリットとデメリットを解説

バーチャルオフィスは月額料金が安く、さまざまなサービスを利用できます。ただしデメリットもありますので、自分に向いているか?慎重に判断する必要があります。この記事ではメリットよりもデメリットを中心に紹介していきます

▶続きを読む


利用業種

様々な職種、業種の方が利用するバーチャルオフィス。実際にどんな業種の方に向いているのか?またどんな利用している人はどんな業種の方が最も多いのでしょうか?自分と類似する業種の方がたくさん利用していたらあなたも安心ですよね。

▶続きを読む


申し込み

起業を決意したあと、お気に入りのバーチャルオフィスをみつけて、さっそく利用したい。でも一般的にどのように申し込めばいいのでしょうか?ますは各運営会社のホームページにある申し込みフォームかから必要事項を入力して送信してみましょう。

▶続きを読む


独立したらいきなり会社を作って法人化するのもいいですが、まずは個人事業主として様子をみながら起業する。うまくいきそうならタイミングを見て会社を設立して法人化。これも一つの考え方です。

▶続きを読む


京都コワーキングスペース

京都にあるオススメのコワーキングスペースを12社、選んでご紹介。料金と所在地及びエリア、ドロップイン(単発利用あり)の可否も併せて掲載しています。

 

▶続きを読む