会社で起こる面白いエピソード集
会社で起こる面白いエピソード~15~

顧客からの電話に応対してみようPART2

どこの会社でもそうだが、社長である私にはよく電話がかかってくる。

 

先日、とある電話にTくんが出た。

 

Tくん

「お電話ありがとうございます。株式会社●●のTです」

 

話を聞いているTくん

誰から電話だろう???

 

Tくん

「社長、交渉の会の高木様からお電話です。内線3番です」

 

交渉の会???なんだ???それ???

コウショウノカイ。 こうしょうのかい

 

全く知らない。 どっかからの営業電話か???

それにしても交渉の会?ってなんだ?どんな会だ???

何やら怪しい

 

まあ いい。

電話にでよう。

 

内線3番。受話器を取る。

 

ツーツーツー

 

すると電話が切れている。

 

どうやらTくん、保留ができなかったようだ。

 

Tよ 電話の保留くらいミスするなよ・・・

 

しかし交渉の会なる団体に所属する高木なる人物。

 

どんな人なのだろう。謎である。

交渉の会の活動内容も気になる。

そしてその交渉の会はいったい私に何の用なのだ?

 

「Tくん 電話切れてるよ!さっきの電話は誰から?もう一度教えて!」

T

「はい。 交渉の会の高木様です。」

 

ほんまかいな。そいつ誰やねん。

 

数分後・・・・・・

 

再度、交渉の会から電話がある

同じように電話に出るTくん

 

T

「交渉の会の高田様から電話です」

  

高田???さっきは高木だったような。

 

今度は保留ミスなし。

 

交渉の会と、ついに話せる。

念願の交渉の会 待ちに待った交渉の会。

夢にまでみた交渉の会

 

ちょっとワクワクするやんけ

 

しっかりと電話にでれた私

 

交渉の会

「社長、お世話になります。商工会議所の高橋でございます。」

 

どんな耳をしとんねん!!!

  

しかも

高木(ハズレ)→高田(ハズレ)→高橋(正解)

 

高木という間違いをさらに高田として間違った

自分の間違いを、さらにもう一度間違える。

 

これはある種 天才である

しくじリーマンは絶対に伝言ゲームは苦手であることを確信した1日であった。

 

おもろいから許す!!

信じられませんが全て実話です

職場であった笑える話。職場の面白い人たちをまとめました

■営業時間■

9:00 ~ 20:00 (月~金)

■連絡先■

TEL: 075-257-7746

FAX: 075-257-7747

2017年11月17日(金)現在

登録ユーザー数 92社

バーチャル 京都 オフィス
レンタル 事務所 格安
SOHO 起業 創業 
レンタル 事務所 格安
シェア オフィス 創業
シェア オフィス 創業
バーチャルオフィス  起業
バーチャル 京都 オフィス
バーチャル 京都 オフィス
バーチャル 京都 オフィス
バーチャルオフィス 起業 貸し住所
バーチャル 京都 オフィス 貸し住所
バーチャル 京都 オフィス 貸し住所
他社とご検討中の方へ
バーチャル 京都 オフィス 貸し住所
職場であった笑える話

TEL: 075-257-7746