脱サラして独立!失敗が怖い方に初期費用の節約方法をご紹介!


「脱サラして、新しく会社を作ろう!」

「でも、失敗したらどうしよう」

このように考えている方もいるのではないでしょうか?独立する夢はあるけれど、やはり失敗したらと考えると、資金面に不安が残りますよね。今回はそんな方向けに、独立のリスクを少なくする方法をご紹介します。

脱サラして独立!失敗が怖い方に初期費用の節約方法をご紹介!
コラム15

初期費用を抑えることが独立のリスクを少なくする鍵

それでは、脱サラして独立するという挑戦に伴うリスクを少なくする方法をお伝えしていきます。その方法とは、「初期費用を抑える」という方法です。

基本的に、独立する際には基本的な開業資金が必要です。その資金とは、事務所賃貸費、設備投資、登記費用などが考えられます。独立して起業すると、新しくオフィスを構える必要があります。たとえ自分1人で事業を始めるとしても、その事業の拠点となる場所はどこなのか申請をしなければなりません。そのため、事務所を新しく借りる、あるいは自宅をオフィスとして登記するという作業が必要です。新しく事務所を借りるときに必要な金額は、およそ100万円が相場だとされています。(敷金・礼金などを含む)そして、設備投資に約100万円かかるとすると、計200万円は起業時にかかってしまいます。200万円というと、結構大きな金額ですよね。


初期費用を抑える二つの方法

上述のとおり、事務所を借りる金額と設備投資に大きな金額がかかります。なんとかしてこれらを節約したいですよね。ここでは初期費用を節約するポイントをお伝えいたします。

*事務所の賃貸費用の節約

長い間空きが続いている物件は価格交渉でさらに安くなる可能性が高いです。売り手にとって何かしらの問題があり、なかなか買い手がつかない物件は悩みのタネです。安い金額でも売れないよりマシなため、価格交渉に応じてもらえる可能性が高いと言えます。

*設備投資の節約方法

高額な機器はレンタルしてみてはいかがですか?

業務用のプリンターやデスクトップは設備の中でもかなり高額です。しかし、初期の段階では事務所を借りる資金で手がいっぱいでしょう。業務用の機器をレンタルしている業者がありますのですので資金に余裕ができるまでレンタルすると初期費用が抑えられます。


もっと大事!固定費を抑える!

また、日々のランニングコストも重要です。電気・ガス・水道代などの料金プランを見直して適切なプランを選択すると費用が抑えられるでしょう。毎月出ていく費用は本当にバカになりません。起業当初は事務所を借りずに自宅で仕事をするというのも一つに方法です


まとめ

今回は、脱サラして独立しようと考えた方に、失敗のリスクをなるべく減らせるような工夫をご紹介しました。働き方が多様になってきている現在、独立を考える方の手助けになれるよう邁進していきますので、お困りの際はぜひ「京都バーチャルオフィス」までお気軽にご連絡くださいませ。


弊社、京都バーチャルオフィスでは、京都御所から徒歩1分の歴史と伝統ある住所をご用意いたしております。伝統ある京都のまちで、新しく会社を立ち上げてみませんか。お客様のご連絡を、社員一同お待ちしております。

京都バーチャルオフィスの他社との違い5点
京都バーチャルオフィスの他社との違い5点


【コラムカテゴリー】

起業アドバイス




お電話でもお気軽にお問い合わせください

電話番号 075-257-7746


自宅住所登記と公開リスクとは

お得なクーポン
タップして電話する

あなたへオススメの関連記事

この記事を読んだ方には下記ページもよく読まれています


起業時に法人登記する際、必要な住所や登記方法について詳しく解説

起業する際に、法人として設立したいと考えている方も多いのではないでしょうか?本記事では、法人登記する際に必要なものや、法人登記の方法について解説します。起業時に法人登記を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

続きを読む

 


テレワークメリット整理

テレワークの概要とそのメリットについてご紹介します。個人的にはこのテレワーク。とてつもない可能性を秘めていると考えています。

続きを読む

 


スモールビジネスとは?メリットや成功させるコツをご紹介します!

本記事では、スモールビジネスについてご紹介し、メリットやデメリット、成功のコツもご説明します。スモールビジネスを検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

続きを読む

 


コワーキングスペース京都

京都にあるオススメのコワーキングスペースを12社、選んでご紹介。料金と所在地及びエリア、ドロップイン(単発利用あり)の可否も併せて掲載しています。 

続きを読む